もしかすると・・・

もしかすると

こんな兆候がある人は糖分の摂りすぎかもしれません。

 

要注意!6つの兆候

①早期老化、肌荒れ

②常に何か食べたくなる

③原因不明の膨満感

④免疫力の低下

⑤不眠症

⑥体重増加

 

糖は体の主なエネルギー源ですが、

消費しなければ脂肪として蓄えられます。

また、甘いものには中毒性があり何度でも食べたくなります。

糖分→ご褒美・幸せ→また食べたい! 無限ループです。

 

糖分は不眠にも関係があるそうです。

夜遅くに糖分を摂取すると、体を休めるべき時間に、

一気にエネルギーを高めてしまい、不眠を引き起こします。

日頃から睡眠に問題を抱えてる方は、

糖分を減らしてみてもいいかもしれません。

 

おすすめの低糖質食材は、大豆製品や野菜類、キノコ類や海藻、

肉や魚もOKですが、加工食品には注意しましょう。

 

糖分コントロールで、軽やかな初夏を送ってみてはいかがですか?

-----
就労移行支援UTジョブズ
〒634-0006 奈良県橿原市新賀町234-2 橋本第3ビル1階
TEL: 0744-20-0170
FAX: 0744-20-3354
受付時間: 9〜18時・土日祝除く
メールでのお問い合わせ