4月も半ばを超え、暖かい日も増えてきましたが、

まだ、朝晩の寒暖差があり、体調には注意が必要な時期ですね。

 

さて、これをお読みになっている皆さんは、

こんなことはないでしょうか?

 

「忙しい時も、忙しくない時も、いつも疲れている」

「どれだけ休んでも、眠っても、なんとなくダルい」

「集中力が続かない。いろんなことが気になってしまう」

 

これに当てはまる方は、脳が疲れているサインです!

脳疲労は身体を休めても取れません。

 

そこで有効なのが、タイトルにもある『マインドフルネス』です。

 

マインドフルネスは、日本でも行われている座禅をベースとして

アメリカで考案された脳の休息法です。

「いま、ここ」に集中することによって、

過去の後悔や、未来の不安を断ち切り、脳の疲労を防ぎます。

 

マインドフルネスを続けることによって、脳を作り変え、

疲れづらい脳を手に入れることができます。

空いた時間でもできるので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

~マインドフルネスのやり方~

 

『マインドフルネス呼吸法』

①基本姿勢をとる

椅子に座り背筋を軽く伸ばし、背もたれから離す。

お腹はゆったり、手は太ももの上で脚は組まない。

②身体の感覚に意識を向ける

接触の感覚(足の裏と床、お尻と椅子、手と太ももなど)

身体が地球に引っ張られる重力の感覚

③呼吸に意識を向ける

呼吸に関わる感覚を意識(鼻を通る空気・胸やお腹の上下)

呼吸を数えるのも効果的

④雑念が浮かんだら…

雑念が浮かんだ事実に気付き、注意を呼吸に戻す

雑念は生じて当然。自分を責めない

 

久賀谷亮 著/「最高の休息法」より

 

マインドフルネスに関連した書籍も多数発売されているので、

気になる方は、ぜひ手にとってみてください。

 

就労移行支援UTジョブズ大和八木
〒634-0006 奈良県橿原市新賀町234-2
TEL:0744-20-0170
FAX:0744-20-0171